[雑記]実機からゲームの録画に挑戦してみる

画像

エミュでFM-TOWNSの動画を作成していましたが録画PCのCPUが高性能なので、実機とのタイミング差がひどいので、実機から「維新の嵐」のオープニング動画を録画しようと挑戦してみました。そして用意したのがこちら
画像

X68000やPC98も録画するかもしれないのでまずはX68000の水平15kHzに対応した液晶ディスプレイが必要になる。ブラウン管のX68000のモニターは持っているが録画するなら画面がきれいな液晶だね。ということで、まず水平15kHzに対応した液晶ディスプレイを探す必要がある。今時そんあものはないし中古で昔の液晶を買ってもしょせん中古、いつ壊れるかわからない。ということで水平15kHz、24kHzを今現行の31kHz以上に変換する機器、XPC-4を用意。
次に必要になるのがキャプチャーボード。こちらはXCAPTURE-1を用意。一応録画できる環境になりました。がエミュと比べて画質が酷い。RGBをそのまま録画しているのでこれが本来の実機なのかもしれない
画像

XPC-4の説明書によると出力はD端子にすれば高画質になるとのこと。ということでD端子ケーブルを用意。つなげてみても反応しない。どうやらXPC-4のファームをアップデートしないといけない。アップデートにはWindows10は使えない。またマザーボードによってはUSBに繋げても認識しないとのこと。現在使っているノートPCはWindows10なのでアップデートもXPC-4をつないでも自動認識しなかった。そこでWindowsXPのデスクトップでアップデートしました。OSの保証は切れているけどあって便利WindowsXPパソコン。そしてアップデート後にD端子で接続した結果がこちら
画像

なんかかなり高画質なんですけど。しかしスルーで映し出している液晶モニターはD端子接続が出来ない。ということで、そのまま画質は悪いけどRGBで接続。まあこちらで録画するわけじゃなくプレイ時の遅延解消目的なので。
画像

やる気はないけど生放送もできる環境になったのかも。でもキャプチャーボードの問題なのかアスペクト比がパソコン取り込み側とスルー出力側で違いがあるんだけど。スルー側は横長になっている。まあワイド画面だからかもしれないけど。「維新の嵐」はフロッピーディスクがなくてもオープニングが見れるから何とかなりましたが、実際プレイは実機のフロッピードライブが壊れているのでどうにもならない。その前にフロッピーディスクのオリジナルはジョゼフさんのところにあるので「水滸伝」同様返してもらわないと。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック